社会人の短期留学

社会人の短期留学

社会人留学を考える人の中で、一番気軽にできる留学が短期留学です。
 
短期留学とは1週間から3ヶ月の留学のことで、
短期のため時間も経済的にも負担が少なく、多くの人がチャレンジできる留学です。

 

ここでは、社会人の短期留学についてと、
そのメリットとデメリットについてご紹介したいと思います。

 

短期留学は1週間からできるため、
仕事を辞めずに留学ができるという点がとても大きいメリットです。

 

1週間であれば、長期の休暇を上手く利用すれば、普段忙しい人も留学が可能です。

 

また、1か月程度であれば、会社によっては休みをもらえることもあるでしょうし、
転職が決まっている時、次の仕事までの間に留学することも可能です。

 

長期の留学であれば、仕事を辞めることになるので、
ある程度覚悟を持って留学しなければなりません。
きちんと、実績を作って、
その間仕事をしていなかった意味があると思わせる留学でなければいけません。
短期留学はその気負いが無いところがよいですね。

 

しかし、一口に短期留学といっても、様々なプログラムがあります。
英語を学ぶプログラムや、インターンシップなどがセットになったプログラムなどもあります。
ご自身にあったプログラムを選び、仕事のステップアップのための経験にすることができます。

 

短期では、そんなに効果がないのではないかと心配する人がいるようですが、
1週間〜でも、目的意識をもって留学すれば、かなり充実した留学にすることができます。

 

私自身、中国へ1か月半留学したのですが、
本当に1か月半だったのか?と思うような濃い日々で、今でも、いろんな場面で役立っています。
海外経験が少ない人にとって、海外で生活することで、
いろんな刺激を受けて、いろんな発見があります。

 

英語についても、完璧な英語力を求めることはできませんが、
基礎力がある人であれば、今までの基礎を利用して、
会話することに慣れることで思った以上にコミュニケーションができるようになります。

 

また、社会人の短期留学であれば、少し変わった場所への留学もありです。
タイでマッサージを学んだり、インドでヨガを学んだり、ドイツで環境について学んだり、
世界にはたくさんの国があります。

 

長期で生活するのは難しいけれど、短期であれば楽しみながら新たなことを学ぶことも可能です。
世界の中から、自分に合った留学先を楽しみながら選ぶことができますね。

 

社会人留学の中で一番多く、気軽にできる短期留学ですが、
様々なプログラムがあり、その人に合った留学方法を選ぶことができます。
きちんと目的意識を持って留学することで短期と言えど、それなりの成果が期待できます。
それほどハードルが高くない短期留学ですので、機会があれば是非体験してみてください。