【体験談】英語力以外に身につけたこと

【体験談】英語力以外に身につけたこと

留学の成果として、語学力や学校での専門分野など
目に見えやすい部分が取り上げられがちですが、実はそれ以外に得るものも沢山あります。

 

日本を飛び出して、文化が全く違う国で、言葉の苦労をしながら生活するという経験は、
日本に戻ってきてからもいろんな場面で役に立ちます。

 

ここでは、私自身の留学生活で得た英語力、学力以外のことについてお伝えしたいと思います。

 

留学から帰国して、
私自身ほとんど英語や大学時代の専攻科目とは関係ない仕事をしてきました。
留学時代は、卒業後世界を飛び回ったり、
英語を使ったりする仕事につくんだとばかり思っていましたが、
気付いたら全く関係ない仕事をしていました。

 

ふとした時に、アメリカの大学を卒業したというと、
全く関係ない仕事をしていてもったいないねと言われるのですが、
私自身はそうは感じていませんでした。
留学時代に学んだことをどんな仕事でも生かせていると思っていました。

 

異文化の中で生活していた経験のおかげで、
世界には多様な価値があるということを知りました。
そして、違いがあるだけで、そこによい悪いは無いということも学びました。

 

その違いには、文化的な深い意味があって、
簡単に、こっちにしたらいいと言えるものではないということを留学生活で学びました。

 

このことは、仕事上で、いろんな人とコミュニケーションをするうえで必要なことでした。
相手が、予想外の行動をとっても、その奥には理由があるはずと、冷静に見ることができました。

 

また、英語のハンデをのりこえてコミュニケーションをした経験も、
帰国後の仕事にとても役立ちました。
同じ日本語を話す人でも、なかなか言葉だけで通じにくいことが実は多くあります。
その時に、言い回しを変えたり、身ぶり手ぶりを使ったり、
どうしたら相手に伝わるか、配慮しながらコミュニケーションをとることができるようになりました。

 

異文化の中で、自分で何でも決めて行動するという経験も仕事上ですごく役に立っています。
判断力、決断力もそうですが、
わからないことは自分で調べて行動するそういう能力は、どんな仕事をしていても役に立ちます。

 

結果的には、留学とは関係のない仕事をしてきましたが、
このように留学で身につけたスキルが見えない部分で役に立っています。
そして、英語も仕事上ではほとんど使いませんが、
何か調べ物をしたい時に地味に役立ったりもします。

 

英語を学びに行ったわけではなく、英語で学びに行ったので、
卒業後に英語だけにこだわるのはもったいないと思います。
もちろん、英語も含めて全てが生きる仕事であれば最高ですが。

 

実は卒業から10年たった今、仕事で急に英語を使うようになってきています。
自らそうしたわけではないのですが、自然とそういうことが起き始めています。
学んだことは無駄になることはないなと改めて感じています。

 

折角、留学をするなら、英語だけ、学力だけだともったいないです。
もっと広い意味での経験、スキルを身につけて真の国際人として活躍できるといいですね。