社会人留学の期間について

社会人留学の期間について

社会人留学で期間を迷っている方もいるのではないでしょうか。
短期から長期まで、期間によってメリットとデメリットがあります。
ここでは、社会人留学と期間についてお伝えしたいと思います。

 

社会人留学は短期から長期まで様々です。
1週間程度のごく短期で行く人もいれば、仕事を辞めて正規の4年制の大学に通う人もいます。
一概にどちらが良いということは言えず、それぞれの目的や状況によって選ぶべきでしょう。

 

短期の留学の良い点は気軽に留学ができる点です。
時間もお金も長期に比べ少なくて済みます。
また、仕事を辞めずに行くことができたり、
仕事を辞めて、次の仕事までの間で行くというようなことも可能です。
キャリアへの影響が少ない分、気軽に留学できるというメリットがあります。

 

デメリットとしては、長期に比べるとどうしても効果は薄くなってしまうことがあります。

 

語学留学などで、行く場合は最長で1年程度でしょう。
仕事を辞めて留学して、キャリアアップを狙う場合、ある程度の結果が求められます。
スタート時の英語力により期間が短くても、ある程度の英語力になることもありますが、
一般的なレベルで留学した場合、
半年程度では日常会話の最低限のレベルで話せるくらいです。
キャリアアップの条件としては少し足りないかもしれません。

 

1年間の語学留学で、努力をすれば、
仕事である程度の英語が使えるレベルにまでもって行くことは可能です。
ただ、このレベルでも、プロとして活躍できるレベルや、
英語が武器になるレベルまで行くとなると難しいかもしれません。

 

本当の意味でキャリアアップを狙うならば、
大学や専門学校、大学院の留学がオススメです。
その場合、2年から4年程度の期間が必要になります。
ここまで来ると、英語力もかなり期待できますし、
新たな専門分野ができるためキャリアチェンジができるレベルの留学になります。

 

ただ、長期の留学はお金もかなりかかります。
どの学校で学ぶかにもよりますが、2年で500万円程度は最低でもかかるでしょう。

 

また、正規留学の場合、長期間日本から離れることになるため、
きちんと結果を出さないと、次の就職の際に厳しくなるということがデメリットとしてあります。

 

ただ、正規留学をした人は、留学中に価値観が変わって、
さらに専門分野を極めたり、日本に帰国後に独立して会社を興したりするひとも多いです。

 

あまりにも次の就職について意識するよりも、留学生活に夢中になって、
一生懸命学んだほうがあとあと結果的によい方向に向かうこともあるようです。

 

社会人の留学は、人によって期間も様々選ぶことができます。
短期はあまり意味が無いということは一概には言えませんし、長期であればよいとも言えません。
それぞれの目的に合わせて留学の期間を選ぶことが大切です。