社会人の正規留学〜アメリカ編

社会人の正規留学〜アメリカ編

社会人の留学の中でも、短期留学ではなく正規に留学したいと考える人もいるでしょう。
その中でも、大学、大学院などに留学を考えている人も多いのではないでしょうか。
実際に、アメリカの大学で学んだ経験を元に、
社会人の大学、大学院留学についてお伝えしたいと思います。

 

社会に出てから、もう一度なにかを学び直したいと思った時に、
日本の大学で学ぶこともできます。

 

でも、英語が嫌いでなければ、アメリカなど英語圏の大学、大学院で学び、
専門分野とともに、英語も身につけるという方法もあります。

 

特に、アメリカは社会人が学ぶことも多く、
大学数も多いため学べる分野も多岐にわたっていてオススメです。
レベルも様々で、ご自身にあった学校を見つけることができます。

 

また、全くその分野について経験が無くても、一から学べる環境があるため、
諦めていた夢をかなえるために、アメリカの大学で一から学び直すという社会人の方も多くいます。
そして、一生懸命勉強して、その後、キャリアを切り開いて、世界で活躍しているという方もいます。

 

また、日本で大学を卒業している場合は、
日本の大学でとった単位の一部を認めてもらって編入するという方法もあります。
その場合、専門分野だけ学ぶことで、最短2年程度で卒業することも可能です。

 

ある程度、日本で実務経験があり、大学を卒業している場合は、
大学院への留学も考えることができます。
アメリカは専門分野は大学院で学ぶという風潮があるため、
つきつめて学びたければ大学院留学をオススメします。

 

ただ、この場合、授業の課題等も多いので、ある程度の英語力が必要です。
英語力に不安がある人で、大学院留学を目指す場合は、
語学学校で学ぶのではなく、大学へ一度編入し、1年程度学んで、
アメリカの大学のシステムに慣れてから大学院に留学するという方法もあります。

 

アメリカの大学は、奨学金なども充実しています。
日本で奨学金と言えば、返済義務があるものがほとんどですが、
アメリカでは返済義務がない奨学金も多くあります。
仕事での実績、可能性などが認められれば、奨学金を受けて学ぶということも可能です。

 

もう一度、勉強したいと思う人にとって、正規留学もひとつの選択肢ではないでしょうか。
日本では社会人が、大学で学ぶということは、まだまだ少ないですが、
海外では多くの人が社会人から大学に戻るということをしています。

 

そのため、受け皿も広く、色々なサポートや、可能性があります。
折角、お金や時間をかけて学びなおすのであれば、日本国内だけでなく、
世界に意識を向けて、最大限に結果が出せる方法を選ぶことがオススメです。